ちょっと夏休みしました

目白から戻り、ちょっとだけ夏休みしました。

土曜日は漆蒔上絵に興味を持ってくれた若者二人に、
上絵技法のいろいろを紹介しつつ、一緒に楽しい勉強会をしました。
夜は古くからの友人の美術作家、小島久弥氏がオーナーの L Gallery F-1
『杉浦誠展』opening partyへ若者と一緒に。
一塊の木から彫り出している作品。今回は大地にすっくと立つ動物など。
以前は台風の目も彫ったそう。
「地球をごぼっと掘って持ち上げるイメージでつくっている」との作家の言葉に、
新しい視点をいただき新鮮でした。

d0156360_22142151.jpg



28日までやっています、
目白GALLERY RUEVENT個展の様子です。
10年も使用した骨董品デジカメが故障のため、写メ写真で申し訳ありません。

d0156360_22145692.jpg



なんとかカタチにできた、飴釉のキャラメル&チョコシリーズのマグカップです。

d0156360_22152846.jpg



漆蒔上絵ミニ十字の豆皿です。




日曜日は、自宅集合住宅のメンテナンスの為在宅が必要で、
ほんと〜に久しぶりに一日中家にいて爆睡しつつ、ちょっとお掃除してゆっくりしました。
昨日も家にて片付け。
今日は小島久弥氏が参加している企画展『時の遊園地』を観にボストン美術館へ。
先週末から始まった『あいちトリエンナーレ2010』も、
KENJI TAKI GALLERY と名古屋市美術館だけのぞいてきました。
10月まで、名古屋のあちこちでいろんな企画があるようです。

さらにアルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』も。
以前アルゼンチンの作家さんが、私の仕事場のMAVOに4ヶ月近く滞在なさったことがあるので、
彼女の生活の場がどんなところなのか?の興味もありました。
私はスペイン語の響きは心地よくて大好きです。とてもとても深い愛の物語でした!

今日一日でも盛りだくさん。
かなり干からびてきていた自分の眼玉に、栄養をたっぷり補充できました。
今週末個展最終日再び上京したあとは、またいつもの日常の制作の日々が始まります。
ほんの少しでしたが夏休み満喫でした。
今年はあと二つ個展が待っているので、またゆっくり走りま〜〜す。
[PR]
by studio-tokuda | 2010-08-24 22:42 | つれづれ | Comments(0)
<< 初、東海環状自動車道 個展無事に始まりました >>