陸前高田

今日は黄砂もなく、ほんとに気持ちよいお洗濯日和のお天気でした。
GW、みなさんゆっくりされたのでしょうか?

岩手出身の友人堀込和佳さんが、この連休中に帰省をしてきたそうです。
彼女はムサビ同級生、国分寺の松籟窯時代からの焼き物仲間です。
イラストレーターでもあります。

彼女の実家は内陸の北上なので、幸いそれほどひどい被害はなかったそうです。

東北滞在の一日、陸前高田で初ボランティアをしてきた様子が
彼女のブログ(si-tazu project)に記されています。


冷凍倉庫から流れ出て、瓦礫のあちこちに入り込んでいる
サンマ、シャケ、イクラ等を取り出す作業をしてきたそうです。


想像するだけで気の遠くなる作業ですが、
小さな人の手仕事が積み重なり、少しずつ確実にきれいになっていくんだなと思うと、
私も自分の目の前の仕事を、あらためて丁寧にしていかなくてはと感じました。


今は遠く離れて想像することしかできませんが、
ものつくりの端くれとして、想像することを続けなくてはと思っています。

機会があれば東北を訪ねたいと思いました。


堀込さんの東北旅日記、ぜひ読んでみて下さい。

GWのお疲れでませんように。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-08 17:34 | つれづれ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/13537463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wakabon at 2011-05-08 19:10 x
紹介してくれてありがとう!
本当に日々の生活の大切さ、ありがたさを痛感しました。
こっちに帰ってくると、あの瓦礫の海が嘘みたいな変な感じ。
忘れないようにしよう。
とっくん、岩手にきてね〜〜!
Commented by studio-tokuda at 2011-05-08 20:26
wakabon様
ほんとにボランティアお疲れさまでした。
岩手連れてってね〜〜!
<< 初LED電球! 『陶芸作家展2011』終了しました >>