猫なし生活9ヶ月となりました。
思えば昨年は沢山の猫達とさよならしました。


19年間一緒だったジジ猫。


仕事場のMAVOに迷い込んできて、
いつの間にか棲みついた二匹のガリガリ母娘。
女子なので、皆でお金を出し合い手術。
時々皆への心遣いで?
各部屋の入り口にネズミさんを届けてくれた律儀猫でした。


やはりMAVOに迷い込み、焼き物仲間に飼ってもらえた大デブ猫。
散歩に出かけては、どこからかキャットフードの袋を引きずって戻る
強者猫だったそうです。



母と娘は病気と交通事故。
デブ猫も病気。
さらに母娘が相次いで旅立った後、
どこかの瀕死の野良ちゃんがMAVOに現われ昇天。



「よいか、どうしても大変な時はMAVOに行くのだぞ!」と、
仕事場近くの猫達に語り継がれているのでしょうか?



最近、私の仕事部屋の天井で
何やらコトンコトンと足音がするのです。
上は荷物が置けるフロアーになっています。


気になって上がってみると・・・。結構ぷくぷくした
薄茶のぶち猫ちゃんがフリーズしてました。



飼い猫ちゃんの様な気もします。


食べるものがある訳でも無し・・・。


猫好きが多いので、猫呼びオーラが出ているのでしょうか?
なぜか猫達に好かれる、仕事場 MAVOでありました。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-06-09 23:57 | つれづれ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/13747218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wakabon at 2011-06-15 00:15 x
猫無し生活、そんなになるのかあ。
早いな。
あっちゅうまに月日が過ぎてくね。
猫好きの人って、絶対猫を呼ぶよね。
捨て猫もよく見つけるし。
仕事場風景もおもしろかった!
プロの仕事場は引き締まって見えるね。
がんばってこれからの猛暑に立ち向かってくれ〜〜!
がんばるべえ。
Commented by studio-tokuda at 2011-06-16 00:54
wakabon様
野良猫とは本当によく目が合うよ。
類は友を呼ぶ?です。
引き締まった仕事場なんておほほのほ・・・。
室やモロ板(作品乗ってる長い板)乗せの棚が作り付けなので、
助かってます。
水道も一度泥が沈殿して詰まらないようになってます。
松籟窯の水道排水よく詰まってたよね。
多治見にも遊びにおいでませ。
Commented by beng at 2011-06-20 07:33 x
私も・・・猫たちと生活しています。
シンガポールレディの三毛猫、じょじ8歳と、メインクーンのべん4歳。
先日ベんにパニくったべんに両手を本気で噛まれてしまいました。しばらくデザインタイル作成から遠ざかっています・・・。それも孤独になって落ち着けという猫のあどばいすかな。
Commented by studio-tokuda at 2011-06-20 22:21
beng様
タイルを作っていらっしゃるのですね。
起きた出来事には、何かしらのメッセージがあるのだと、
私も思っています。
人生に、無駄なことはない!っですね。。。

<< 窯窯窯・・・の日々 『ジジババ教室』ハイタッチの巻 >>