フリーマガジン「おりべくらぶ」


d0156360_132065.jpg


d0156360_1321021.jpg








多治見 地域みっちゃく生活情報誌
「おりべくらぶ」3月号の巻頭特集に
私の漆蒔上絵をとりあげていただきました。
表紙にも作品を載せていただきました。



漆蒔上絵の表情は
なかなか写真では伝えにくいのですが
今回の表紙作品写真は
漆の微妙なゆらぎや濃淡の表情を
とってもよく捉えてくださり、嬉しいです。



私も知らなかったように
多治見がかつて上絵の盛んな町であったこと。
多くの職人さんがいらしたこと。
漆蒔上絵は、経済効率の悪さゆえに廃れてしまったこと。



この特集を読んでいただき
そんなことに少し想いをはせていただけたら、
嬉しいです。



今日も一日漆蒔と格闘しておりました。
やればやるほど、難しさを感じますが
一歩一歩、進んで行けたらと思っています。
[PR]
by studio-tokuda | 2012-02-26 01:41 | お知らせ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/15486977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えつます at 2012-02-26 05:13 x
おおっ!素晴らしい!88888888!とても素敵な表紙です。
Commented by chin at 2012-02-26 08:52 x
パチパチパチパチ♪すばらしい♪
トックンの地道な作陶活動が、どんどん花開いて来ているね。
一歩一歩キチンと進んでいると思うよ。
Commented by studio-tokuda at 2012-02-26 23:29
えつます様&chin様
ありがと〜!もっと続けたかった職人さん達が
お尻を押して助けてくれていると、いつも思います。
巻頭特集だけはWeb上で読めるそうなので
またおしらせしますね。
Commented by match-ee at 2012-02-27 18:43
先週の火曜日に伺った、群馬みなかみ町の竹田という者です。
いろいろと情報とお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。教えていただいた、岐阜県現代陶美術館、徳川美術館、feel art zero(は見れませんでしたが)の三光ビルのshopのどれも見ごたえ十分な素晴らしいところでした。重ねてありがとうございました。またいつかMAVOへ伺いたいと思っております。元気にお過ごしください。
Commented by studio-tokuda at 2012-02-27 21:45
match-ee竹田様
徳川美術館はおひな様展やっていたでしょうか?
またみなかみの温泉に行きたくなりました。
次回は日本一暑い多治見の夏を、ぜひどうぞ!
<< 「おりべくらぶ」3月号Web版 卒業の季節 >>