ハロウィンのお皿 NYから

d0156360_0302631.jpg

NY、ハリケーンが大変なことになっているようですが。。
NY在住のムサ美同級生、上原明美さんからいろいろお便りが届きました。
先日の国分寺『あんときのらいおん展』にも
NYからかけつけ参加してくれました。





今上原さんはアメリカの極普通の家庭で使われている
食器のデザインをしています。今日31日はハロウィン。
これは上原さんデザインのハロウィン用のお皿です。
ペンで原画を描かれたそうです。
きっと今日はこのお皿で大勢の人たちが
パンプキンパイを食べるんでしょうね〜!
ハリケーン早く収まりますように。

d0156360_0314121.jpg

d0156360_0313326.jpg









他にも展覧会情報いろいろ。

d0156360_0525821.jpg


先日高額で落札されて話題になった
Gerhard Richterの作品。
新作『ストライプペインティング』です。
元になる作品をコンピュータ処理→再構成→デジタルプリント
→アクリルガラスでカバー。そんな作品だそうです。
こちらで作品みられます↓
http://www.mariangoodman.com/exhibitions/2012-09-12_gerhard-richter/




こちらはJackson Pollockの彫刻。
ポロックが亡くなる少し前1956年7月に
制作された彫刻だそうです。初めて見ました。↓
http://www.matthewmarks.com/new-york/exhibitions/2012-09-07_jackson-pollock-and-tony-smith-sculpture/





こちらは日本人アーティスト「ニシタツ」さんの作品。

d0156360_0341671.jpg



セントラルパーク南端に位置するコロンブス像さんが
居心地のよい居間に取り込まれている作品です。
http://www.publicartfund.org/



d0156360_0355360.jpg

d0156360_0352145.jpg
d0156360_0353730.jpg

部屋にかかっている絵画は
ウォーホールの猫とポロックとデクーニング。
壁紙などもとっても凝っていて楽しかったそうです。




なんと言いましょうか・・日本だと例えば
上野の西郷さんの像or渋谷ハチ公像を取り込んだまま
周りにぐるりとお部屋を作ってあるって感じでしょうか?

このニシタツさんは発表ごとにお名前も変わるそうで
間違っているかもしれませんが・・・。
以前横浜トリエンナーレで、中華街にある建造物を取り込んだ建物を
一日限定お一人様ホテル作品になさった作家さんだと思います。
おもしろいな〜。。。
日本でもなんかやってくれないかな〜!




私は個展用の生地作りが
そろそろタイムリミットになりつつあります。
あとちょっと粘るとします。
朝晩冷え込んできました。
皆様も暖かくしておすごしくださいね。
[PR]
by studio-tokuda | 2012-10-31 01:04 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/17085243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あちこち行ってきました文化の日 秋の傑作展 >>