夏のおわりのいろいろ



d0156360_23455748.jpg

d0156360_23461239.jpg

d0156360_23462370.jpg

d0156360_23463535.jpg

d0156360_23465039.jpg

d0156360_2347688.jpg

d0156360_23471843.jpg

d0156360_23474050.jpg

夏の花いろいろ。気づけばたくさん咲いています。
こんな炎天下ですごいなと・・・。。。











日の出時間が遅くなってきました。
みなさまバテていませんか?
私はさすがに少しバテまして
今週頭、ちょっとチャージしておりました。
9月21日から丘のギャラリーさんでの個展DM撮影も
無事に終了いたしました。
生地作りもそろそろタイムリミットです。
制作追い込みがんばりまっす☆





15日に漆蒔実演をさせていただく岐阜県現代陶芸美術館
大先輩、伊藤慶二さんの展覧会始まっています。
今日のぞいてきましたが、がんがんに新作が並んでいました!( すごい!!! )
昨年末、長崎の天主堂に行かれインスパイアされて作られという新作は
『HIROSHIMA』に続く『NAGASAKI』シリーズです。
慶二さんの祈りを感じる作品でした。
慶二さんはムサビ油の大先輩でもあります。
今回会場には10代〜今年の新作油絵も並んでいます。
会期は来年までと長いですが
10月頃に作品の入れ替えがあるそうです。





慶二さんの師でもある、日根野作三氏の展覧会も同時開催です。
『日根野作三と薫陶を受けた7人』
日根野氏のお茶碗、めっちゃかっこよかったです!
ほんとにかっこいいものは時代を超える・・・
めざしたいものです☆
[PR]
by studio-tokuda | 2013-08-25 00:02 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/19527022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 個展のお知らせです 漆蒔上絵物語ー番外編 >>