作品選んでいただきました☆


d0156360_2265171.jpg

仕事場入り口の桜。かなりのお年寄りでちょっと心配なことたくさんありますが、
蕾はずいぶん膨らんできています◎










多治見に本店がある東濃信用金庫さんが
美濃陶芸発展のため長年にわたり
毎年3作品の買い上げ保存をしてくださっています。
今年で30回目になります。
なんと今回は、大尊敬する伊藤慶二さんのご推薦を受け
私の漆蒔作品も選んでいただきました!
穴があったら入りたい気分です・・・



今回私の作品は「クラフト」という分野のものとして
選んでいただきました。
今まではあまりこのような日常の器は
選ばれていなかったので、とっても嬉しいです。
多治見では昭和初期頃までは多くの漆蒔職人さんによって
安いお茶碗等に、盛んに漆蒔が施されていたそうです。
そんな今では忘れられてしまった『漆蒔』が
これからもみなさんに見ていただける機会をいただけたことは
よかったなあと、思っています。



今回の作品は4月1日より
東濃信用金庫さんの施設である
『とうしん学びの丘エール』内の
美術館で見ていただけます。
虎渓山永保寺のすぐ近く、お散歩にぴったりです。
ぜひのぞいてみてください。



先日参加させていただいた名古屋市美術館
『ポジション2016 アートとクラフトの蜜月』においても
日常の器をとりあげていただき
生活の中に根付いた日常の食器を
あらためて見ていただく機会を得ることができました。
[なぜ人は大昔から
やきものでごはんを食べているのでしょうか。。。]
たどり着けない大きな謎ですが
すこしでもこの謎に近づけるよう
またせっせと働きます。



今週末土曜4月2日から、明石『風来・ふうき』さんでの個展始まります。
本日最後の銀彩窯焚き終わり
ちょっとへろへろしていますが
あと少し、準備がんばりま〜〜す☆
[PR]
by studio-tokuda | 2016-03-28 22:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/23018867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あさってから明石『風来・ふうき... 4月2日から兵庫明石『風来』さ... >>