とうしん美濃陶芸美術館


d0156360_0302256.jpg


仕事場入り口の桜。昨年はマイマイガの毛虫にほとんどの葉っぱを食べ尽くされました。
今年は花が極端に少なく心配しましたが
葉っぱがこれまた極端に多くてもりもり茂っています。
きっと今年はこのたくさんの葉っぱから、栄養補給の年なんだと思います。
葉っぱが風にそよそよざわざわ、重なりふれあう音を聴いていると幸せです☆








少し前に恥ずかしながらお知らせいたしました
東濃信用金庫さんの美濃陶芸作品永年保存事業。
27年度保存作品に選んでいただきました。
今回は30周年記念でいらしたそうで
先日記念式典に参加させていただきました。
毎日仕事場への道中、前を通っている
『とうしん学びの丘エール』
に初めて伺ってきました。



こちらには『とうしん美濃陶芸美術館』もあります。
10:00〜17:00開館 毎週月曜お休みです。
私の作品も展示していただいていますので
お近くに行かれた折には、のぞいていただけたら嬉しいです。
今までの永年保存作品も、たくさん展示されています。
初めて伺ってびっくりしたのですが
美術館の真ん中には『大王松』と呼ばれる
もんのすごく立派な松がいます。
この松を残して建物が造られたそうです。
この松は見ていて飽きません。
とんでもなくでっかい松ぼっくりが採れるそうです。





ここのところは、7月9日から始まる
ぎゃるり百草「暮らしの造形展Ⅵ」に向けての
作品の生地をつくっています。
今回は土もいろいろも、新しいことを試しています。
はたして新作なのか試作なのか・・・
どちらにしてもやってみなくては判りません。
やること満載発車です☆
[PR]
by studio-tokuda | 2016-06-02 00:36 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/23190002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 絶賛生地つくってます☆ 奥伊勢旅ー番外編 >>