植物の力


d0156360_19542421.jpg










予告ばかりしていました。
3月20日まで多治見ギャルリももぐさで開催中の
『暮らしの造形展Ⅶ』
岩谷雪子さんの植物作品のご紹介です。
岩谷さんの作品は
展覧会が行われる会場に事前に何回も行き
その近辺での季節ごとの植物採集から、作品制作が始まります。






d0156360_19545711.jpg


これは『ヨウシュヤマゴボウ』という植物の種です。
まるで幾種類もの釉薬をかけた
焼き物のような美しさです。
花のようなこの円形のぷくぷくふくらんだ種の形。
とても私には作れません。。。
ひとが作るものは、たかがしれている
謙虚になりなさいと
岩谷さんという媒体を通して
植物からのメッセージを、ひしひしと感じるのであります。
ついつい忘れがちになるそんなことを
作品を見ていると、素直に思うのであります。






d0156360_19544596.jpg

d0156360_19544013.jpg

d0156360_19545078.jpg

d0156360_19543540.jpg

d0156360_19543188.jpg

これは草を三つ編みにして、編み込んでいったそうです。

d0156360_1955116.jpg

帚もあります。これだけたくさんの種類を作ることは、
もうできないかもと言ってました。








仕事場の入り口に、大きな桜の樹があります。
その根元に、毎年2月頃から水仙?の芽が出てくるのです。
私は出たばかりの、ほんの小さな芽を発見するのが大好きなのですが。。。
今年は仕事に追われ、まったく忘れておりました。
先日ハッと根元を見ましたら
もうずいぶん立派に伸びていて、かな〜〜り反省。。。
展覧会は20日月曜までやっています。
世の中連休なんですね。
ぜひどうぞ☆
[PR]
by studio-tokuda | 2017-03-15 20:08 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiotoku.exblog.jp/tb/23979303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< WISE WISE tools... いろいろ出来上がりました☆ >>