2017年 10月 10日 ( 1 )

週末うろうろしてきました

d0156360_11491737.jpg































カッセルやミュンスターやヴェニスにはたどりつけませんが
先週末は、スカスカ脳みそ栄養補給デー☆
土曜から昨日まで
東京横浜を、いろいろうろついてきました。
1日目は、まず引っ越し間近な友に差し入れ。
→目白ギャラリールヴァンにて頑張ってる後輩
久野真琴嬢うつわ個展におじゃま。
→東京都美術館「杉戸洋」展→東京国立博物館「 運慶」展。



都美館は、こんなとこあったっけな空間に
とても興味深いインスタレーション。
運慶さんは、運慶自身作の四天王の素晴らしさに
脳天くらくらで!!!
キレのある図抜けたセンスの良さ◎
信仰心だけではなく、クライアントからの仕事に応える
デザイナー感覚を感じました。
展示空間も照明もよく
いつまでも見ていたかったです。





d0156360_11483984.jpg





















2日目はまず、12月2人展させていだだく
芦花公園ギャラリー「 TokinoShizuku 」さんに
空間下見&ご挨拶。
これは昨日の杉戸氏も参加されていることもあり
都美術館からの続きのようでもあり。。


d0156360_11482025.jpg

































d0156360_11475741.jpg

























d0156360_11473013.jpg


























↑これは焼き物でした。




アジアの美術にひたったわけですが
渋谷も六本木も、街をうろつく私に聴こえてくる言葉に
みごとに日本語がなく・・。
街と美術館の境目が溶けて流れ出し
混ざり合っている気分になりました。






d0156360_11470154.jpg




















d0156360_11462830.jpg




















d0156360_11451164.jpg




















d0156360_11444209.jpg




















↑開港記念開館、渋い建物です。

d0156360_11455547.jpg




















↑ちょうどまるでビルの様な客船
PRINCESS CRUISESが停泊していて
世界中廻っている旅なんて、夢の夢だなと・・・。



うろつき最終日は「横浜トリエンナーレ
今回、横浜美術館は脳ミソで考えるタイプ多し。
赤レンガ倉庫会場は身体で感じる作品多く感じ
私は赤レンガの方が楽しかったです。
もひとつの会場、開港記念開館地下は
柳氏、昨年BankARTで見てとても好きだった
作品の再構成?でした。


まだざっくり感ですが、今回横浜トリエンナーレにも
アジアという通底するキーワードを感じ
私の脳みそにもじわじわ沁みました。。
日本もどっぷりアジアなんですし。
今回の栄養が、脳みそ内でどのように発酵していくのか・・
自分で楽しみなのであります。
さて名古屋に戻り、現実に戻されております。
年内ちょっとまたハードですが
またせっせと働きます。

[PR]
by studio-tokuda | 2017-10-10 12:17 | つれづれ | Trackback | Comments(0)