カテゴリ:焼き物( 39 )

箱書きは緊張します


d0156360_2014158.jpg

最後に力つきて、名前のバランス悪し・・・。許してね。。








この春からず〜〜っと頭の上に乗っかっていた宿題
第30回美濃陶芸作品永年保存事業で
買い上げていただいた作品の箱書きを
やっとやっつけることができました!!!
大きな箱なのです・・書は好きなのですが
遊ぶ感じでスラスラ〜っと書くことができません(泣)
どうしても真面目になってしまうのです。






d0156360_20142532.jpg

d0156360_20252167.jpg

判子は消しゴムです。このサインは高校時代に考えたもの「よしみ」です。
けっこう気に入っています◎



母が残した書の道具と
大先輩伊藤慶二さんのアドバイスで
なんとか書き上げることができました。。。
緊張しましたが、久しぶりに硯で墨をする時間は
なかなかよいものでした。
やっと仕事も少し落ち着いたので
年内はたまりにたまったいろんな宿題を、片付けていきます。








多治見永保寺近くにある『とうしん美濃陶芸美術館』にて
あとしばらくは、私の作品も見ていただけると思います。
お庭には素晴らしい松がいらっしゃいます。
松ぼっくりがびっくりする程デカイです
落っこちているものなら、拾ってもよいそうです。
みなさんクリスマスリースなどに使われるそうです←ご参考までに◎








今週末は高知に行ってきます。
お世話になっていたザザシャポーさんの
お墓参りに行ってきます。
ザザさんのお墓は、結構な山の中にあるそうです。
超晴れ女の私!晴らします◎
そして夜は、ザザさんがお好きだったBARにて
おいしいお酒を高知の仲間達と共に
ザザさんに捧げてきたいと思っています。
そして明日は矢野顕子+TIN PANコンサート♪
少しづつ宿題が片付いていくので、少し肩が楽になってきました。
楽しみで〜〜す☆
[PR]
by studio-tokuda | 2016-12-13 20:30 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

働く道具いろいろ


d0156360_991212.jpg

赤が綺麗に発色してくれると、ほんとに嬉しいです!窯もほっとしてます。大事な相棒☆








THE・日本の梅雨です。。。
ずっとお風呂上がりのような。
お風呂上がりは、働くには少しだるいです。
みな様お元気でしょうか。









d0156360_9973.jpg

d0156360_9926.jpg








木曜日に銀彩窯出しをしました。
ということは・・
新しいうつわ達が出来上がりました☆嬉しい時間です。
ひさしぶりに兄弟姉妹そろいました。
なかなか勢揃いはめずらしいかも。
縦横整列ごあいさつ。



私の仕事は、漆蒔の場合この順番で進みます。
生地制作→乾燥→素焼き→磨き→施釉→施釉そうじ→
本焼き→漆蒔→窯→銀彩→窯→磨き→仕上げ→梱包→お疲れ山〜◎
ほんとはもろもろ「 → 」んとこの仕事が、大事だったりします。
材料の準備乾燥とか、段取り命です。
だいたい1ヶ月〜1ヶ月半スパンでしょうか。
かな〜り制作に時間のかかるタイプです(泣)
天候にもかなり左右されます。







d0156360_992122.jpg

d0156360_993166.jpg

d0156360_99266.jpg

d0156360_991759.jpg





その都度いろんな道具が働いてくれます。
道具大事です。「 弘法、しっかり筆を選ぶ!」です♪♪♪
漆蒔に使う筆は、乾燥させないよう
ずっとテレピン油にひたった状態キープです。
職人さんに教えていただきました。
使っているうちに、なくてはならぬ道具に変化していきます。








これでものすご〜くお待たせしていたお店に
やっとうつわお届けできます◎
お届け先はまた追ってお知らせいたしまっす。
今日はうっすらお陽様出てますね。
楽しい週末を!
[PR]
by studio-tokuda | 2015-07-11 09:24 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

湿度


d0156360_23583455.jpg

今日は素焼きをしました。粘土は完全に乾いてから素焼きをします。
生乾きだったりすると、爆発したりします。








まだそれほどではないですが
梅雨明け前のジトジトが、一番身体に堪える気がします。
「湿度」← は、焼き物つくりでは大事なキーワードです。
ロクロでつくったものは、削りをします。
削るには、一番適した乾燥具合があります。
よい状態で削ると、しゅるしゅる~っと気持ちよく薄く削れてくれます。
それを判断するのは指先です。
まだロクロができない頃には判りませんでしたが、
ロクロの上達と共に、判るようになってきます。









d0156360_2359721.jpg

d0156360_23591563.jpg

d0156360_23593027.jpg

d0156360_23594362.jpg

d0156360_2359484.jpg

d0156360_23595775.jpg

d0156360_001188.jpg


マグカップの取手を付ける時も、粘土の乾燥具合、湿度が大事です。
形ができあがり、乾燥させる時も
急激に乾燥させないよう、押し入れのような室(むろ)に入れて
手拭いなどを掛けて、ゆっくり乾かします。
それでも亀裂が入ってしまうこともよくあります。
全く乾燥させたくない時などは、発泡スチロールの箱にしまっておきます。
冬は、凍結防止にもなります。





そして、漆蒔きも、この時期が一番やりにくいのです。
漆は湿度で乾きますので、あっという間に乾いてしまいます。
でもとにかく寒いのが苦手なので
梅雨でもなんでも、半袖で過ごせる時期は好きです◎



先日車のワイパーを新しい物に変えました。
なんだかお勧めされるままに、けっこうお高かったのです。
使ってみたところなかなかよかったのですが
それからあまり雨が降っていません。
雨さん、ほどほどのお湿り、よろしくお願いいたします♡
[PR]
by studio-tokuda | 2015-06-18 00:10 | 焼き物 | Trackback | Comments(4)

カオリン!おまえもかっ☆


d0156360_073494.jpg

こちらタイトルとは関係なく、仕事場桜の根元。
昨年折れた枝が、新芽にかぶさっているのを発見!取り除いたところ
「ああ眩しいっ〜〜!」って言った気がしました。ほんとに美しい萌黄?春色です☆








いきなり何のことだか?な、タイトルです。
前にも少し書きましたが
焼き物の材料が、今どんどん手に入らなくなってきております。
昨年、釉薬の大黒柱『 長石 』の質が変わってしまい
この問題は、現在進行形、試行錯誤中であります。



先日MAVO仲間との話が、今回のことの始まりでした。
「 徳田さんカオリン使ってます?
僕最近、なんだか前のと違う気がするんすよね。。」
「???」
どうも彼と私は、同じ産地ものを使っているようでした。
さっそく私の在庫を調べてみたところ
未開封の新しい30キロ袋がありました。



あけて手に取ってみたところ「???」
何かが違います。。。たしかこのカオリンは
猫のカリカリご飯みたいな粒状のはず。。。
こんなに粉状ではないはず。
袋はいつもと同じなんだけどなあ。
彼がおかしいと感じている作品をつきあわせ
しばし2人で情報交換しておりました。
今回購入時に、質が変わった旨のお知らせ、なかったしね・・・
なんだろね~いやだね~。。。



そして昨日、仲間が購入店に確認。
今まで採っていたお山は閉じられ
どうもヨーロッパのどこかから、持ってきたやつらしいと判明!
・・・なんてこったでございます。。。
長石の時も同じ。
材料が枯渇した訳ではないのです。
大口の需要が減り、採っても儲からないので
山を閉じてしまうそうなのです。



この問題は日本だけではないようです。
ムサビ同級生がNYでうつわのデザインをしているのですが
会社でずっと使っていた独のピグメント( 絵具や顔料 )が
製造中止になり、違うもので調整するしかなく
今大変なのよ、とのこと。
やめた原因は、日本の長石やカオリンと同じみたいです。
確かなことは判りませんが
中国への生産移動によって
今までのバランスが崩れてきているのでしょうか。。。









d0156360_09521.jpg

カオリン30キロ袋です。

d0156360_08341.jpg

変わってしまったカオリンです。

d0156360_085550.jpg

長石です。

d0156360_084582.jpg

長石が変わったことによる、表情の違いです。
左側がいつものイングレイズド酸化銅の表情です。









長石問題も片付いていないのに、さらにカオリン様。
釉薬成分と粘土の関係はとっても微妙。
数%の数値の違いで、まったく表情が変わってくるのです。
今までつくってきている作品のテイストを
いつまで変えずにいけるのかなあ・・・



そんなことを考えつつ
本日もくるくるロクロ仕事、しておりました。
日本のいや、世界の窯業 ◎ がんばってください~~~!!!
[PR]
by studio-tokuda | 2015-03-05 00:37 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

焼き物材料つれづれ


d0156360_2361371.jpg

ミーのカーさっちゃんには、たっぷり粘土積めます☆

d0156360_236324.jpg

この土は、一度乾かし+こして+荒い土取リのぞいて、ブレンド用に使っています








11月末〜12月、ふたつの個展準備で
生地作りに追われています。
先日粘土屋さんに行きました。
私はずっと、二つの粘土をブレンドして、メインに使っています。
そのブレンドしてる粘土の一つが、もう製造中止とのこと。
最後の粘土買ってきました。。。
少し前には、釉薬のメイン材料
私の使っている種類の長石が製造中止。
そして時々使う多治見の石膏屋さんも、この前閉店。
ガビ~ンであります。



材料が無くなったわけではなく
作っても儲からないので、やめられるのです(泣)
窯業の大手がたくさん使ってる、ほんのおこぼれを
私達はいただいているわけです。。。



10年後くらいには、いったいどうなっちゃうのか??
いろいろ調整工夫しながらの制作が、増えていきそうです。
日本の窯業、がんばってください~!!!
そして私も生地作り正念場カンバ◎
[PR]
by studio-tokuda | 2014-10-22 23:14 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

初洗面台つくりました



d0156360_0364047.jpg





もうすぐ4月ですね。
仕事場の桜も、本日先っぽから咲き始めました。
新しい生活を始められる方も、多いことと思います。
イラストレーターのお友達
阿部真由美さんの新しいお住まい用に
初洗面台 & トイレ手洗いをつくらせていただきました。



昨年、つくってもらえるかなあとご連絡いただき
土のことやら形のことやら
いろんな方にアドバイスいただきつつ、制作を進めました。
今回は初めて磁器土で制作。
磁器は水を吸いません。
3種類の磁器土でテストピースをつくり
今回は手びねりでも、亀裂の入りにくい粘土で制作しました。
ありがたいことに釉薬はいつものでOK☆




d0156360_2354348.jpg





収縮率を計算して、ひも作りでつくっていきました。
ほいほいと制作していきましたが
いざひっくり返そうとしてびっくり!
一人では重すぎてできません・・・。
イナバウアーポーズ状態で、固まってしまいました。
なんとか体制を取り戻しましたが
みごとに洗面台の一辺が折れていてがっくし・・・
一人でできる限界がよく判りました。
なにごとも経験です。




d0156360_2355555.jpg





無事に素焼き終了。
この大きさは私の窯のMAX作品でした。
施釉も、でっかいタライに多めの釉薬でなんとか成功☆




d0156360_2356430.jpg





本焼きの窯出しまでは、ほんとにドキドキ。
無事に本焼きが終了よかったあ〜。




d0156360_2357160.jpg

色味のシミュレーション。

d0156360_2359048.jpg





さてさて、漆蒔上絵です。
不安もありましたが先日安藤洋二さんから教わった方法で
初トライしてみました。




d0156360_23591629.jpg

d0156360_2359288.jpg

d0156360_0615.jpg





手洗いはお水の流れにそって花を描きました。
と思ったのですが、日本の場合水の流れは左渦。
反対でございました毎度いいかげんな私・・あはは。。。




d0156360_072649.jpg





初ゴム印スタンプも、底でちょっとテスト◎




d0156360_092091.jpg





そして上絵窯出し、超ドキドキ!!!
とってもきれいに発色してくれました。
最後に少しキレツを発見してしまいましたが
まっぷたつに割れてる夢もみていたので
本当にほっとしました。
手伝ってくれたみなさまに感謝♡





今回、このような機会をいただき
本当にいい勉強になりました。
ちょうど安藤洋二さんのお話もうかがったばかりで
私自身、次への制作の道しるべとなりました。
今年はまず5月の個展で
磁器土の新しい試みを展開してみようと、制作を始めました。
どんなんになるのか、自分で楽しみでっす。
お楽しみに〜。



阿部さんや、新しい生活を始められるみなさまにとって
4月からが素敵な新年度になりますように ♪
[PR]
by studio-tokuda | 2014-03-30 00:32 | 焼き物 | Trackback | Comments(8)

ミニミニ銀ボタン


d0156360_23483477.jpg

粘土を薄くのばし、くり抜いてつくっていきます。
バリが出るので、それをなめらかにするのがちょい大変です。
穴は傘の骨で自分でつくった道具であけています。
穴のバリや出っ張りもフラットにします。

d0156360_2348472.jpg

釉薬をかけずに本焼成します。

d0156360_2349079.jpg

銀をたっぷり塗っていきます。
竹串に穴を刺し、片面塗って乾かして、ひっくり返してもう片面。

d0156360_23491195.jpg

焼けました。穴に詰まった銀のカスをとりのぞき、磨いていきます☆

d0156360_23491934.jpg

こんな感じ。触るとなんだか小銭のようなんです。
全部500円玉だったらいいのになあ・・などど
またまた妄想が爆走です。

d0156360_23493179.jpg

全部で694個で〜〜す!!!
どこかでみなさんと出会えたら嬉しいでっす♪









立春♡だと思ったら、超寒いですね!!!
ミニミニ銀ボタン、たくさん出来上がりました☆
東京目白のmon Sakataさんに
たくさん注文していただきました!
坂田さんの服は,私も愛用しております。
今は半ズボンがお気に入りでっす♪



この春夏ものから、ボタンくっつけてくださるそうです。
どんなんになるのか、めっちゃ楽しみです。
いろんな方の身体にくっついて、いろんなところに旅をして
そしていつかどこかで出会えたら・・・なんて
妄想はどんどん膨らむのでありました。。。
コラボはほんとに楽しいです。感謝です♡



昨年の今頃は珍しいことに
インフルで寝込んでおりました。
今年は注射も打ちませんでしたが、大丈夫な気がします。
(根拠なしで毎度いい加減ですが・・あはは)
みなさまも、ノロやインフル
お気をつけておすごしくださいね ♨
[PR]
by studio-tokuda | 2014-02-07 00:02 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

隠れ家個展−3


d0156360_21302941.jpg

8段重ねしてみました!!!

d0156360_21303922.jpg

今回の個展のお題『重ねる』の巻。脳みそしぼりました☆

d0156360_21305272.jpg

もひとつのお題『並べる』富士山の巻。

d0156360_2131457.jpg

『並べる』扇の巻。
扇・富士山共に、リバーシブル皿になってます。
裏っ側の写真撮り忘れました。銀彩鈍色です。

d0156360_21311325.jpg

チェック柄ひさしぶりに復活です。
右側の銀ストライプ皿は、全部旅立ちました。ごめんなさい。

d0156360_21312947.jpg

ちょっとピンぼけですが、横ラインの花カップです。

d0156360_21313918.jpg

少し大きめのボウル。横ライン花です。16センチくらいかな?

d0156360_2131489.jpg

d0156360_21315792.jpg

いただいた可愛らしいクッキー、のっけてみました。

d0156360_2132510.jpg

ロクロ残り土のミニミニ花入れです。ワレモコウの季節。

d0156360_21321493.jpg

みなさんお花のついたカップを持ち帰られるので
こっちにもワレモコウ乗っけてみました♪







土曜日から無事に個展始まりました。
3日間会場におり
おかげさまで楽しい時間をすごすことができました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございます♡
今回はお題をいただき、新しい作品をつくることができ
自分でも新鮮でした。
丘のギャラリーさんはほんとに素敵な空間です。
隠れ家入り口にたどり着くと
みなさんおおお〜〜〜っと驚かれます!
29日日曜までやっております。
私は今週末土日、ふたたび会場におりますので
遊びにいらしてください。
おまちしていま〜す☆
[PR]
by studio-tokuda | 2013-09-23 22:08 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

隠れ家個展−2


d0156360_21234055.jpg

d0156360_2124228.jpg

d0156360_2122988.jpg

d0156360_21221973.jpg

d0156360_21223183.jpg

d0156360_21224313.jpg

d0156360_21225448.jpg

d0156360_2123514.jpg

d0156360_21231686.jpg

d0156360_21232728.jpg

d0156360_21235136.jpg


[PR]
by studio-tokuda | 2013-09-23 21:29 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)

隠れ家個展−1


d0156360_21133941.jpg

d0156360_21135223.jpg

d0156360_2114483.jpg

d0156360_21141838.jpg

d0156360_2114295.jpg

d0156360_21144024.jpg

d0156360_21144917.jpg

d0156360_21145923.jpg

d0156360_2115833.jpg

d0156360_21151757.jpg



[PR]
by studio-tokuda | 2013-09-23 21:20 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)