<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

あったか熱気のかたまりのお話 幻のバルーンチーム



d0156360_2303215.jpg2011・1・2/4000フィート上空 
武蔵野BC『ビエントス』より   
photo sana


かつてムサ美に、小さなバルーンチームがあったとさ。
ミシンで縫い縫い作ったそうじゃ。
すでに気球界の化石だそうじゃ。
いまでもメンバーは大事な仲間だそうじゃ。
めでたしめでたし!!


新年2日、4000フィート上空からの眺め。
スカイツリーから富士山、男体山まで
眺められた絶景だったそうです。離陸地は渡良瀬です。
左端の黒いものはゴンドラの支柱です。



先日仲間が久しぶりに、お正月フライト時の写真を送ってくれました。
気球は武蔵野バルーンクラブ(中央大&農工大OBチーム)の
『ビエントス』スペイン語で「風」という意味だそうです。

こんな写真を見ると、空に浮かんでいた時のこと、憶いだします。。。
自分を大きく俯瞰してながめることの大切さ。。。憶いだします。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-28 23:09 | つれづれ | Comments(2)

焼き物道具いろいろ

相変わらず寒い日々です。
窯が冷めるのもずいぶん早いです。

本焼きをしたあとすぐは、部屋はぽかぽかしていますが、
たき始めは換気扇を廻すので、ストーブをいくら焚いても
すべての熱気がみごとに換気扇に吸い込まれていきます。
熱気さん、私をおいて行かないで〜〜であります。

多治見の夏は日本一の酷暑となりますが、
それでもやっぱり、私は夏を選びます・・・。

d0156360_1453376.jpg

粘土の「菊練り」です。
手のあとが、菊の花のようになるのです。



d0156360_14541240.jpg

「しっぴき」です。ロクロでつくった作品を、
大きな粘土のかたまりから切り離すのに使います。
乾燥した稲の下のしっかりした茎の部分を、
針で二つに裂いて指で縒って作ります。
稲で作ったしっぴきは、きれいに粘土を切ることができます。



d0156360_14545364.jpg

「しっぴき」は、このような状態の作品を切り離すのに使います。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-25 15:07 | 焼き物 | Comments(0)

大寒

今週の頭はどか雪でした。
昼間も吹雪いていたので、仕事場に行くのをあきらめました。

私の仕事場は時々水道が凍りますが、
粘土が凍るほどではないので、助かっています。
粘土が凍ってしまうと、制作途中のものが全滅してしまうそうです。

凍りはしませんが、この時期粘土は冷え冷えです!
練るとまるでアイスクリームを練っているようです。
冬だから、しかたないですね・・・。

粘土の凍結防止のため、仕事場に一晩中オイルヒーターをつけていると
長野の作家さんにお聞きしたことがあります。

昨日今日と漆蒔上絵をしていましたが、
夏の暑い時期よりも、少しゆったり仕事ができます。
漆は湿度で乾いていくので、寒いこの時期は乾きが少しゆっくりになります。

今夜は満月でした。この時期のお星たちはみごとに美しいですね〜〜。


d0156360_0364528.jpg


竹紙(竹でできた和紙)
に綿を包み、
ミニてるてる坊主状のもので
漆をぼかしつけていきます。


d0156360_0375922.jpg


漆をぼかしたところです。


d0156360_039845.jpg


絵の具を綿でそっとまぶしました。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-21 00:48 | 焼き物 | Comments(2)

『ジジババ教室』成り立ちのお話

2002年夏、澤田デイサービス建設中に、
焼き物教室を始めたいとのご相談を受けました。
なんとか手探りで立ち上げ準備をし、
2002年10月開設時より講師をさせていただいています。
敷地内に専用の電気窯も購入していただきました。

週に2回、1時間15分だけの小さな教室ですが、
助手さん(多治見の焼き物仲間の呉瑛姫さん)と、デイサービススタッフ協力の元、
皆さん生き生きと焼き物つくりを楽しんでいらっしゃいます。
基本的に、ご自分の作りたい物をご自分のペースで、
自由に作っていただいています。

教室は、昼食後の午後の1時間15分を使って開かれます。
参加される方の料金は必要無し。
焼き上がったものも、全部無料でお持ち帰りしていただいています。
我々はデイサービス側から指導料をいただいています。
これは私達指導する側にとっても、非常に恵まれた状況なのです。

ジジババ教室生徒の皆さんは、他の方の作品を見て
「わしもあれ、作りたいわ〜!」とおっしゃる場合が非常に多いのです。
そんな時にも、窯の焼成代金のことなど全く気にせずに
「よしっ!作ろ〜〜。」と言うことができ、非常にありがたいです。

2008年に朝日新聞さんが夕刊に大きく取り上げて下さいましたが、
取材して下さった記者さんが、ジジババ作品のレベルの高さと、
かなり恵まれたモデルケースという状況に、驚いていらっしゃいました。

2004年には岐南町にも同じ施設ができました。
こちらでも、多治見の焼き物仲間が講師として教室をしています。
こちらにも専用電気窯があります。
時々ジジババ達に流行の作品のこと等々、情報交換をしています。

恵まれた環境を無駄しないためにも、毎回がスキルアップのための
貴重な学びの場だと痛感しています。『教えることは学ぶこと』です。


d0156360_0482267.jpg


今年の干支「うさぎさん」いろいろです。
なぜか皆さんご自分に似てきます。
作品も少しずつご紹介していきます。食器や花入れなどなど、いろいろお楽しみに!
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-20 01:12 | ジジババ教室 | Comments(0)

呉先生のキムチ教室!

ジジババ教室先生仲間の新年会をしました。
今回は仲間の呉さんの指導で、キムチ作りに初トライ!

まずは白菜の下準備の塩漬けをするのですが???(これは各自で事前に準備)
塩漬けした白菜を軽く洗って一日陰干し・・・なのですが、
もはやこの段階でかなり怪しいものができ上がりました・・・・。
さて材料の準備です。


d0156360_22305787.jpg

煮干しの出汁をかなり煮詰め、白玉粉+水、
を少し火にかけたものを加え、
アミの塩からも加えます。
(今回ここまでは呉さんが準備してくれました。)
写真はそこにさらに唐辛子3種を投入したところです。




d0156360_2234199.jpg

唐辛子3種。種が入っているのやら、
細かいのや荒いのや、
いろんな種類があるそうです。
きれいな色です。




d0156360_22355263.jpg

大根は千切りにして塩をしてしばらく置き、
しっかり水気を絞ります。




d0156360_22373654.jpg

唐辛子をまぶします。




d0156360_2239198.jpg

にんにく、生姜、玉葱、リンゴ、にんじん。
全部すりおろします。




d0156360_2239472.jpg

ネギ。




d0156360_22403414.jpg

ニラ。




d0156360_22413830.jpg

煮干し出汁の中に材料すべてを投入!




d0156360_22421869.jpg

塩漬けして陰干しした白菜の間に、
作った中身を塗り込みます。
コツは根元にたっぷりだそうです。




d0156360_22433369.jpg

いろんな材料が渾然一体!!




d0156360_22441999.jpg

全体を空気を抜きながら丸めます。




d0156360_2245079.jpg

容器にぴっちりと入れて仕込み終了。




d0156360_2252181.jpg

さてお腹もすいてきたので
キムチ鍋です。




d0156360_22462241.jpg

呉さんお手製の
韓国のり巻きです。
ごま油がぬってあります。
うまし!






d0156360_22502364.jpg

おいしいお酒も
いただきました。




d0156360_22531659.jpg

お鍋もおいしく大満足!!
楽しい新年女子会でした。 
下準備の塩漬けは???
でしたが、
きっとおいしくなります。
たのしみたのしみ。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-15 23:33 | つれづれ | Comments(0)

Rikoさんの多治見訪問記

先日本当に寒いなか、多治見にお越しいただいたRikoさん。
ブログに多治見訪問記を書いて下さいました。

恥ずかしながら私の工房や、百草。
MAVOの仲間の作品も紹介して下さっています。
ほんとに写真お上手です。

昨年、重い自分のお尻をひっぱたきつつ、おそるおそる始めたブログですが、
一歩勇気を持って始めて(大げさですね!)本当に良かったと思います。
今でもまだおぼつきませんが、これからもぼちぼちと綴ります。
時々のぞいてみて下さいね。

d0156360_0385830.jpg

家の近くの生け垣の山茶花(さざんか)、とってもきれいです。
今日写真を撮っていて近所の方とお話し、はじめてこれが山茶花だと知りました。
ずっと椿だと思っていました。『さざんか』が出てくる唄、多いですよね。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-13 00:49 | つれづれ | Comments(2)

リコズキッチンRikoさんと再会

ここのところ厳しい寒さの多治見です。
久しぶりに仕事場MAVOの水道も、いくつか凍ったようでした。
そんな寒さの中、昨年恵比寿三越でお会いしたRikoさんが、
相方さんと共に多治見に来て下さいました。

私の仕事場やMAVOもいろいろ見ていただきました。
百草にもお寄りいただき、オーナー安藤雅信氏共々、
雑談が盛り上がり楽しいひとときでした。

自分がつくっているものを通して、
こんなふうに繋がっていけることは、本当に嬉しいです。
Rikoさんは今日はお伊勢参りに行かれています。
よいお天気でよかったです。

d0156360_14491285.jpg


Rikoさんにいただいたお菓子を、MAVO仲間の松本寛司君のお皿に。
カップは同じくMAVOの中園義光君の作品です。
カップの中身は??不思議な色ですが、レモネードのシークワーサー版。
沖縄のものをいただき、どちらも美味しくごちそうさまでした。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-09 14:56 | つれづれ | Comments(2)

手作りカレンダーと初映画

ムサビ時代からのお友達chinさんが、毎年手作りのカレンダーを送ってくれます。
自宅と仕事場用に2つも!! 彼女の飼っている猫のコタロウのイラスト入りです。
もちろんプロなので、かっこよろしい素敵なデザインのカレンダーです。
コタロウとの日々を、チントコタ日記に綴っています。是非のぞいてみて下さい。


今年いただいた年賀状にはいろいろびっくり悲喜こもごもが多く、
ちょっと心痛かったのですが、彼女のカレンダーをパラパラながめていたら、
なんだか少し希望がわいてきました。未来が一杯あるんだなと・・・がんばろ。。。


d0156360_1992439.jpg


2日に今年初映画『ハーブ&ドロシー』観てきました。
自分の眼を信じて「うつくしい」ものを集め続けているカップルのドキュメントです。
勇気たくさんもらいました。ぜひぜひ観てくださ〜い。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-06 19:20 | つれづれ | Comments(2)

あけまして おめでとうございます

2011年!! ぴょんぴょんと、かろやかに、元気にいきたいものです。
今年もよろしくお願いいたします。


d0156360_16354524.jpg

やっとさきほど年賀状ほぼ終了いたしました。
ぜんぜん兎じゃなくて、亀でございます。。。。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-01-01 16:44 | つれづれ | Comments(0)