<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

プラネタリウム

小学生時代(はるかはるか昔‥‥)名古屋市科学館の
『星の会』(この名前だったと思います・・)に入っていました。

毎月プラネタリウムが観られました。
ドームのついた建物のカタチのバッジがもらえました。

毎回テーマが違うプラネタリウムはほんとにわくわくして、
バッジも名札の横にくっつけるのが、
子供心にえらくかっこ良く思ったものです。

その科学館のプラネタリウムがこの春生まれ変わり、
世界一の大きさになりました。
ドームの直径は35メートルあるそうです。

d0156360_21145553.jpg




まんまるドームが
両脇の建物にはさまれ浮いているので、
なんだか不思議です。


今はまだ大人気で、チケットが手に入りにくいようです。
椅子もものすごくゆったりリクライニングだそうです。
いいな〜観たいな〜〜!!

今制作は怒濤の修羅場となっています。
これから梅雨時期は粘土が乾きにくいので、仕事が進みません。

明日から一人サマータイムで早起きモード突入します。

プラネタリウム励みにがんばるぞお〜〜。
台風ひどくなりませんように。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-27 21:23 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

漆蒔上絵物語ー番外編

漆蒔上絵技法についてお話する機会が多いのですが、
この技法は正確にお伝えすることが、なかなか難しいのです。
焼き物仲間にも解ってもらえない場合が多いです。

先日高島屋マピエスでのミニ展示の折に、
どなたにでも解っていただけるように、
過程を写真で追った簡単なアルバムを作りました。

少しは解りやすいかと思います。
ご参考になればうれしいです。

d0156360_22103339.jpg





ロクロでかたちを作り乾燥し、
750 °で素焼焼成しました。



d0156360_22114081.jpg





釉薬をかけたところです。錫釉です。
釉薬の滴跡などをきれいにお掃除します。



d0156360_22123158.jpg


1250°で本焼成しました。
白く焼き上がりました。
この状態でうつわとして使うことができます。
上絵の仕事はここから始まります。
全体に膠(お湯に溶かしたもの)を薄くぬります。
私自身は、余分な絵の具を
あとから拭き取りやすいので使用しています。
かつて漆蒔をなさっていた職人さん達も
この膠は使っていたそうです。(正確な理由は知りません。)
上絵のあたりを鉛筆で軽く描きます。
(鉛筆線は焼けて無くなります。)



d0156360_2213814.jpg





色をつけたい部分に
テレピンオイルでゆるめた漆を塗ります。





d0156360_22141086.jpg





漆が半乾き状態でぺたぺたしてきたら、
粉状の絵の具をまぶしくっつけます。




d0156360_22145612.jpg





漆に粉絵の具をしっかり入り込ませます。




d0156360_2218221.jpg





白地についてしまった余分な絵の具や漆を
きれいに拭き取ります。



d0156360_22184854.jpg





800°で焼成します。
漆は焼けて無くなり、絵の具だけが残り
きれいに発色しました。



d0156360_22193510.jpg





銀液を塗ります。こんな茶色です。
めちゃ臭いです。




d0156360_22202020.jpg





700°で焼成します。
最初表面は白く酸化膜で覆われているので、
ぴかぴか光ってはいません。



d0156360_2221353.jpg





ジルコンペーパーで磨きます。
(サンドペーパーに似ていますが
もっとソフトです。)
銀がピカピカになりました。
さあ、やっとこれでできあがりで〜す!!




最初から液状の絵の具で、さっさっと描いたと思われる方が多いのですが、
漆蒔上絵は、このような行程を経てできあがります。

なんともいろいろめんどっちいのですが
とにかく美しく発色してくれるのです。
自分でつくっては、毎回自分で感心しているのであります。
(へへへの毎度の自画自賛。。。)


以上、写真で見る漆蒔上絵でした。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-22 22:45 | 漆蒔上絵物語 | Trackback | Comments(4)

『西屋電蚊拍』×『ブンミおじさんの森』

d0156360_0381840.jpg





在遊台湾友我贈是土産!
我思是珍品!!(でたらめ台湾語?)
台湾に3ヶ月程滞在し焼き物を作ってきた友が、
これをお土産にくれました。
ラケットではありません、蚊とりなんです。
手元の赤いボタンを押すと、
網の部分に電気が流れるのだそうです。
『西屋電蚊拍』何となく意味は伝わりますね。




先日タイの映画『ブンミおじさんの森』を観てきました。
舞台は森です。虫さんもいっぱいいます。

映画観ていたら、何と登場人物がこのラケットさんを振って、
バチッ!バチッ!と虫をはたいているではありませんか!!
使用方法解説の様でびっくり。

デザインは少し違っていましたが、オレンジ色の枠は同じ。
アジアのスタンダードなんだなきっと。


ブンミおじさんはとっても不思議な映画でした。
幽霊や精霊や、悲しむゴージャスな王女様が唐突に登場するし
物語も筋があるのやらないのやら・・・。

でも幽霊も精霊も全然違和感感じないし、
映画館出るとなんだか現実が揺らいでいるようで、
見終わってからだんだんじわじわ沁みてくる映画でした。
ラストにかかるタイのポップス?音楽よかったです。


仕事場はヤブ蚊がわんさか出ます。
去年はボウフラも生き抜けない酷暑となり、
蚊はほとんどいませんでした。

さて今年もまた夏はやってきます。
ヤブ蚊さ〜ん、お待ちしていま〜す!!
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-18 00:54 | つれづれ | Trackback | Comments(2)

初LED電球!

蛍光灯の灯りがあまり得意ではないので、
家では白熱電球のみで薄ぼんやりと暮らしています。

同時に二つ電球が切れてしまったので、
遅ればせながら初LED電球にしてみました。


口径の大きさもよく判らないし、
切れた電球を握りしめて家電量販店へ。
まずは店員さんを捕まえて、聞きました。


d0156360_23142510.jpg


もんのすごくお高かったらど〜しようかと思ってましたが、
普通の照明器具用(60W相当)でひとつ¥1680也で一安心。
切れた電球持参すると¥100円値引いてくれました。

今までの電球も、コンビ二にはまだ売っていました。
一つ¥200也。LEDは確かに今までの電球よりは高いけれど、
浜岡も停まることだし(大きな一歩)節電しなくちゃです。

下の部分が金属?のせいか、ずしりと重いです。



d0156360_23152643.jpg




こちらは切れた電球。
電球って切れた時、かしゃかしゃ振ったりしませんか?
これも振っていたらどんどん内側の白い塗装が剥げてきて、
中がよく見えてきました。

なんだか剥げ方美しく、オブジェの様。
初LED交換記念オブジェ!完成です。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-11 23:25 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

陸前高田

今日は黄砂もなく、ほんとに気持ちよいお洗濯日和のお天気でした。
GW、みなさんゆっくりされたのでしょうか?

岩手出身の友人堀込和佳さんが、この連休中に帰省をしてきたそうです。
彼女はムサビ同級生、国分寺の松籟窯時代からの焼き物仲間です。
イラストレーターでもあります。

彼女の実家は内陸の北上なので、幸いそれほどひどい被害はなかったそうです。

東北滞在の一日、陸前高田で初ボランティアをしてきた様子が
彼女のブログ(si-tazu project)に記されています。


冷凍倉庫から流れ出て、瓦礫のあちこちに入り込んでいる
サンマ、シャケ、イクラ等を取り出す作業をしてきたそうです。


想像するだけで気の遠くなる作業ですが、
小さな人の手仕事が積み重なり、少しずつ確実にきれいになっていくんだなと思うと、
私も自分の目の前の仕事を、あらためて丁寧にしていかなくてはと感じました。


今は遠く離れて想像することしかできませんが、
ものつくりの端くれとして、想像することを続けなくてはと思っています。

機会があれば東北を訪ねたいと思いました。


堀込さんの東北旅日記、ぜひ読んでみて下さい。

GWのお疲れでませんように。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-08 17:34 | つれづれ | Trackback | Comments(2)

『陶芸作家展2011』終了しました

GWも一応今日でおしまいですね。

d0156360_2158995.jpg




『陶芸作家展2011』昨日で終了いたしました。
百名近い作家さんの作品がたくさん並びました。
私のこのボタンは、
会場中でいちば〜ん小さな作品!!でした。
銀がたっぷり塗ってあります。


d0156360_21594572.jpg




鹿児島の『工房しょうぶ』
nui projectのシャツに付けてみました。
先日の高島屋さんミニ展会場で着ていたのですが、
多くの方に「どこのですか?素敵ですね」と
ほめていただきました。
ほんとに楽しいシャツです。






お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-05 22:11 | つれづれ | Trackback | Comments(1)

Salyu×Salyu

日曜の夜、Salyu(サリュ)のライブに行ってきました。

数年前、沈んでいく気持ちを自分で持て余していたことがあり、
貸してもらったSalyuのCDに、とっても救われました。

何と説明してよいのか判らないのですが、とにかく声が普通じゃないんです。
心に深く深くしみ込んできて、天から降りてくる様な声なのです。
(と、私には感じられます。)
ず〜っと気になっていて、やっと生声を聞くことができました。


今回はコーネリアス小山田圭吾とのコラボレーションアルバム
Salyu×Salyu 『s(o)un(d)beams』を引っさげてのライブツアーです。
声の力を存分に味あわせてくれたライブでした。


アンコールで唄ってくれた「to U」(名曲です!)を聴いたら、
涙がちょちょぎれてしまいました。
元はBank Band with Salyuとして発表された曲です。
(作詞・櫻井和寿 作曲・小林武史)


唄の内容が今回の震災とシンクロしていて、
「このままこの唄の持つ祈りが、東北に届いてほしいな!」と、
きっとあの時会場中のお客さんすべてが、そう感じていたと思います。


私が好きになる唄のある音楽は、結局その声が好きかどうか・・・。
それだけなんだよな・・。


5月2日は忌野清志郎さんの命日でした。
清志郎さんの声も大好きです。ライブも楽しかったな。


Salyu、機会があれば是非聴いてみて下さいね。
[PR]
by studio-tokuda | 2011-05-03 00:20 | つれづれ | Trackback | Comments(2)