人気ブログランキング | 話題のタグを見る

久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です


久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15530702.jpg































久しぶりの『漆蒔上絵物語』更新です。
先日、名古屋陶磁器会館さんのインスタ投稿で
昔の漆蒔作品があるってことを発見!
しかも¥1000で売ってると。。。
むむむそんなバカな!!!
私は自分の作品と大倉陶園さん以外の漆蒔は
見たことがないんです。
これは確かめに行かねばと!



近くに用事もあり
初名古屋陶磁器会館さんへ行ってきました。
伺うのは初めてでしたが
ずいぶん前に上絵の冊子作りの折
漆蒔を担当させていただきました。
さっそくインスタで見た漆蒔作品を 
見せていただきましたが・・・?????
残念ながら吹き付けと思われました。
ちょうど詳しい方もいらしてて
やはり違うねと。








久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15533153.jpg

















久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15545046.jpg

















久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15545123.jpg

















久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15545213.jpg


























久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15545216.jpg

















久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15545369.jpg































































もし漆蒔なら、何処でどんな状況で制作されたものか
大変興味深く知りたかったのであります。
でもスタッフの皆さんにいろんなお話を聞くことができ
よい時間でした。
名古屋の空襲を逃れた昭和7年に建てられた建物も
とっても素敵でした。




そして大昔に取材していただいたことのある
「手の仕事」編集者の小出朝生さんのご本
『名古屋絵付物語』を発見!
なんと陶磁器会館さんにプレゼントしていただいちゃいました。
ありがとうございます♡
取材していただいた当時
私はまだ漆蒔は手探りの模索中で・・
作品を作ることができなかった頃だと思います。 











久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15553107.jpg































名古屋陶磁器会館がある東区徳川あたりは
戦前から上絵付けをする会社などが
たくさんあったそうです。
私は通った高校も近くでしたが
そんな陶磁器産業がこのあたりにあったとは
全く知りませんでした。
そしてすぐお向かいに
昔からの上絵の具屋さんがあるとお聞きし
さっそくそちらに向かったのでした。








久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15555187.jpg































ぷらぷらとR19を渡り三田村商店さんへ。
三田村さんはそんなに店舗店舗していらっしゃる訳でもなく
ぷらりと行った私は場違いかなとも思われましたが・・。
漆蒔をしているとお話しているうちに
いろいろ資料を見せてくださり
絵の具や筆のお話、大倉陶園さんのお話等
貴重なお話を聞くことができました。
今まで私がいろんな方にお聞きしていたことの一つが
科学的に間違っていることも判明。
やはり専門家の方とのお話は
めっちゃ面白く勉強になります。



リスと馬の毛の筆を購入。
最初の写真がリス、後の写真が馬(胸あたりの毛)です。
筆も職人さんがご高齢で後継者が無い方が多く
また動物の毛も入手しづらくなっているそうで
貴重です。








久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15564557.jpg

















久しぶりに『漆蒔上絵物語』更新です_d0156360_15564606.jpg









































本当にたまたま解らないので
解りたくて始めた漆蒔ですが
しつこくひとつ事を追っていくと
こんなに広い世界に繋がるのだなと
どんどん面白いです。



*最後に今回判明したことを記しておきます。
YouTubeにもアップされている漆蒔映像の中で
絵の具の赤がとにかく難しいと話しています。
それは本当に難しいのですが
絵の具の中に金が入っており
それ故絵の具の粒子が荒いと話していますが
金は入っていないそうです。
私が以前にどなたかからお聞きしたことが
事実ではなかったようです。
私の勘違いかもしれません。
こんな風に少しずつでも
事実が判ると嬉しいです。



また何か更新されたら書きますね。
これからしばらく漆蒔仕事が続きます。
湿度が多くやりにくい季節ですが
一昨年?その前の年?
念願のクーラーが入りましたので
張り切ってがんばりまっす。







# by studio-tokuda | 2021-06-04 15:49 | 漆蒔上絵物語 | Trackback | Comments(0)

『タイル考-陶芸の視座より』展は6/27までです








『タイル考-陶芸の視座より』展は6/27までです_d0156360_15191877.jpg
































6月です。
昨年から続いてるこの非日常生活も
今年もなんだかんだと半分近くが過ぎたのだなあと
思う雨の日です。



3月20日から始まった
多治見モザイクタイルミュージアムでの展覧会
『タイル考- 陶芸の視座より』会期は
6月27日(日)までとなりました。
いつ休館になるのかと心配でしたので
少し前に自分の作品を見に行ってきました。







『タイル考-陶芸の視座より』展は6/27までです_d0156360_15220549.jpg































作品の前にて・・んんん??何か変だな・・とながめていて↑↑↑
逆さまだ!と気が付いたのでした!!!!!
どちら向きでも大丈夫なように制作はしましたが
一応このつもりでした↓↓↓










『タイル考-陶芸の視座より』展は6/27までです_d0156360_15203709.jpg





























術館は土日は予約制のようです。
月曜はお休みです。
美術館のHPお確かめください。
https://www.mosaictile-museum.jp/

お隣のカフェのソフトクリームを食べる気満々でしたが
私が行った火曜日はお休みでした。



参加作家でいらっしゃる伊藤慶二さんのインタビューもYouTubeにアップされています。
[タイル考- 陶芸の視座より 伊藤慶二インタビュー]検索で観られます。
美術館HPからも飛べます。
ぜひご覧くださいね。
雨の日は粘土が全く乾きません。
晴れ間を見つけては、空と相談の日々が続きます。
みな様もお元気にお過ごしください。

# by studio-tokuda | 2021-06-04 15:15 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

WEB展示会始まりました


WEB展示会始まりました_d0156360_18370681.jpg






























『美濃 陶芸作家展2021』

WEB展示会始まりました。

5月2日10:00〜5月31日16:00までのようです。

作家によっては作品販売もあります。

さっきちょっとWEB会場のぞきました。

どデカいポスターどどんと現れてビビりました(笑)

短い時間で準備してくださった

事務方の皆さんに感謝です♡

不思議なバーチャル世界

のぞいてみてくださいね◎







WEB展示会始まりました_d0156360_18373077.jpg


























*WEB展示会場アドレス

https://ouchide-museum.com/mino/ 

*WEB販売アドレス

https://cpm-os.stores.jp/




# by studio-tokuda | 2021-05-02 18:32 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

いろいろお知らせです


いろいろお知らせです_d0156360_20572259.jpg






























今年に入ってから訳あって
たくさんイングレイズドのマグカップを焼いています。
ラストになる本焼きが、本日無事終了しました◎
あさって窯出しです。
私は窯は基本100度以下にならないと
窯出しをしません。
200〜300度くらいから、むりくり蓋を少し開け
冷まして開ける方もいらっしゃいますが 
私はかなり慎重派です(笑)



本焼きが無事終了してからの窯冷め待ち時間は
ほっとして休める大事な時間です。
今日はほっとして
『美濃 陶芸作家展2021』に出品予定だったカップ達を
並ぶはずだったセラミックパークMINOの
ギャラリー&ショップさんにお届けしてきました。







いろいろお知らせです_d0156360_20575248.jpg

















いろいろお知らせです_d0156360_11131790.jpeg





































大きなサイズの漆蒔カップは
今いろいろお待たせしてしまっていますが
展覧会用にキープしていたもの13個ほど
お届けしました。
イングレイズドの背の高いカップもお届け。
ビールなど美味しく飲んでいただけると思います。



遠方の方は、お気軽にショップまでお問い合わせください。
お近くの方でしたら
山の中どデカい建物空間です。
全然密ではありません。
お隣の現代陶芸美術館美術館で開催中の
「Human and Animal」展も是非どうぞ☆







いろいろお知らせです_d0156360_20581930.jpg







































参加させていただいている
モザイクタイルミュージアム
『タイル考- 陶芸の視座より』展は
6月27日(日)まで開催中です。
(まだ行けてません・・)



*今回中止となりました『陶芸作家展2021』ですが
5月2日(日)〜31日(月)まで、WEB展示会が行われます。
今事務方のみなさんが
急遽準備をしてくださっています。
またお知らせいたします。
いろいろありますが
みな様楽しいGWを☆

# by studio-tokuda | 2021-04-30 20:55 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

『美濃 陶芸作家展2021』中止のお知らせです

『美濃 陶芸作家展2021』中止のお知らせです_d0156360_12350068.jpg








































お知らせです。
せっかく嬉しいHPリニューアルお知らせのあとですが。。
昨日『美濃 陶芸作家展2021』中止の連絡をいただきました。
岐阜県からの通達(と言うよりも命令)とのことです。
ちょうど工房には、作品に貼るプライスシールも届いており
昨日は素焼きをしつつ、搬入の準備をするつもりでいました。
午前中に仲間が部屋を覗いてくれて「中止だよ〜〜」と。。
彼女は名前が『あ』から始まるので
事務局から早く電話連絡があったようです。
もう事務方の皆さんが気の毒すぎます!!!
感染対策をものすごく考えて準備なさってました。
午後に私にも電話連絡がありました。



三日間、山の中のどでかい建物空間に
全予約制で、時間区切って、人数制限して
もちろん飲食ブースは無し。
とても細かく対策を立てられていました。
密になりようがありません。。



お客様にお渡しする
100名からの作家プロフィールも印刷済。
入場時に服に貼り付けるシールも
布を痛めないようフェルト仕様で 
時間別に色を変えて、特別注文完成済。
なんでもかんでも一律中止なんですか・・・
岐阜県の対応が荒すぎませんか???と
頭の中疑問だらけ、悶々へなへなしておりました。



チラシにドカンと載せてくださった写真のカップは
責任上大事にキープしていました・・ため息でます。
緊急事態とはいえ美術館などがすぐに閉鎖になることは
とっても残念です。



頭の中の???がはみ出ますが
しっかり食べて眠って制作していきます。
みな様もいろんな場所で
お元気にお過ごしください◎

# by studio-tokuda | 2021-04-25 12:14 | お知らせ | Trackback | Comments(0)