人気ブログランキング |

漆蒔上絵物語  その4 ー やっとみつけた

さぁ〜〜ど〜したらよいんでしょ。めげない私は再び前回のお店を訪問。
再び門外漢のお店の方を前に、とうとうと経過報告をする私。ほんとに親切なお店の方は、
「それならば、うちが漆を買っている漆屋さんに電話をかけてあげるから、
あなたが直接お聞きなさいよ。」と、電話をかけて下さいました。
う、嬉しぃ〜!電話の向こうの漆屋さんに再び説明をすると、
「一軒だけ漆を卸している焼き物作家さんがいらっしゃるから、
それを使ってみれば。」と素敵なお返事。

ああ〜〜やっとまともになってきた。ばんざ〜い!! その漆を購入。
さっそく再び色見本作りにトライ。結果、やっとみごとにきれいに、色見本が完成しました。
漆を探し始めてから、ほぼ1年が経っていました。

そしてちょっとおまけの話。
漆屋さんに電話を取り次いでくださった卸屋さんは、その後、
「うちが扱っている漆で、どんなものができているのか興味がある。」
と言って私の個展に来て下さり、作品を購入して下さいました。感謝。
そしてそれから何年かが経ち、漆もなくなりかけてきました。

そのころ漆作家さんと知り合うことができ、漆用の筆のことも知りたかったので、
その作家さんが購入している漆屋さんを紹介してもらい、訪ねました。
いろいろお話を伺い私のこともお話するうち、
なんと、以前伺った卸屋さんから電話を取り次いでいただいたご本人と判り、
「その電話のことはよく憶えているよ。」とにこやかにおっしゃっていただき、
涙ちょちょぎれそうな私でありました。

そのころから、ど〜も漆蒔の上絵なんてものは、今では誰もやっていない。
ただお一人、近隣のO市でやっていらっしゃる方がいる。という情報が判り始めてきました。
漆屋さんが「一軒だけ焼き物作家さんに漆を卸している。」とおっしゃった方が、
このO市の方であるのかは今でも判りませんが、この方にも感謝です。まだまだ続きます。

塗料卸屋さんを紹介してくれた、木工作家の松本寛司君とのコラボユニット
:(コロン)の作品、バターケースです。
d0156360_1830838.jpg
by studio-tokuda | 2010-05-12 18:40 | 漆蒔上絵物語 | Comments(0)
<< 五月晴れ 漆蒔上絵物語  その3 ー 漆... >>