人気ブログランキング |

箸置きできあがりました

箸置きできあがりました_d0156360_20413440.jpg






超寒がりの身としては
これでよいのか?と思いつつ
暖かい冬に助けられています。
お正月明けから作り始めた箸置きが
ようやく完成しました。
六本木ミッドタウン3階
WISE WISE toolsさんに向かいました。
おそらく5個セットでの販売だと思います。
100個ですから20セットですね。
お近くいらしたら、のぞいてみてください。




生地を作り↓

箸置きできあがりました_d0156360_20422006.jpg




乾燥させてから素焼き→
少しペーパーをかけてから釉薬をかけます ( 施釉 )↓

箸置きできあがりました_d0156360_20443587.jpg
箸置きできあがりました_d0156360_20443660.jpg




釉薬の滴などを綺麗にお掃除して
1250度で本焼きします↓

箸置きできあがりました_d0156360_20461955.jpg




綺麗に焼き上がったなら
ここから漆蒔が始まります。
真っ白い箸置きとしては
すでに使える状態です↓

箸置きできあがりました_d0156360_20474808.jpg




まず薄く膠液をぬり、鉛筆であたりをとります↓

箸置きできあがりました_d0156360_20491593.jpg




色を付けたいところに
テレピンオイルで緩めた漆を塗っていきます
ここの濃度が超むずいのであります↓

箸置きできあがりました_d0156360_20500495.jpg




漆の粘着力を利用して
粉状の焼き物用絵具をまぶし付けていきます↓

箸置きできあがりました_d0156360_20513384.jpg




そして余分な絵具を削り取り拭き取り
綺麗にしていきます↓

箸置きできあがりました_d0156360_20524638.jpg




酸素がたっぷりな状態で
800度ほどで焼きます↓

箸置きできあがりました_d0156360_20551122.jpg




漆は燃えて無くなり
絵具だけが溶けて焼きつきます↓

箸置きできあがりました_d0156360_20561976.jpg




漆蒔はこれで無事終了しましたが
私はここから銀彩をしていきます。
マスキングをして、銀液を塗っていきます↓

箸置きできあがりました_d0156360_20580719.jpg
箸置きできあがりました_d0156360_20580848.jpg




銀彩も酸素がたっぷり状態の窯で
700度ほどで焼いていきます。
銀液の中の溶剤が燃え切るまで
窯の蓋を閉めてはいけません↓

箸置きできあがりました_d0156360_21011924.jpg




これで窯は全工程無事終了です。
銀彩にはまだ酸化膜が付いているので
専用のペーパーで磨き艶を出したら
出来上がりです↓

箸置きできあがりました_d0156360_21031943.jpg
箸置きできあがりました_d0156360_21031930.jpg





以上箸置きさん誕生物語でした。
3月に少し試験的な
セルフプロデュース個展をする予定で
そろそろ準備を始めました。
また追っておしらせいたします。
しっかり手洗いうがいで
元気にお過ごしください◎

by studio-tokuda | 2020-02-09 20:36 | 焼き物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://studiotoku.exblog.jp/tb/27965047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
三島iriさん「まぁるい器展... >>