人気ブログランキング | 話題のタグを見る

変わってしまった夏つれづれ・・・

変わってしまった夏つれづれ・・・_d0156360_14260171.jpeg





























仕事場入り口桜の葉っぱも散り始めました。
ちょっと寂しいです。この暑さによく耐えてるなあ・・・














暑い毎日です。

昨日浜松市で、41.1度を観測のニュースが流れました。
そんなニュースを聞きながら
多治見が日本一気温記録を更新した日のことを
憶いだしていました。
40.9度、もういつだったのかはすっかり忘れていましたが
あの強烈な体験は忘れられません。
2007年8月16日だったようです。



2001年に窯を購入してから一昨年2018年までは
私の仕事場にクーラーはありませんでした。
元々夏が好きですので
35度くらいまではわりと平気で過ごしていました。
40.9度が襲ってきた時は
仕事場の仲間達がもうみんなフラフラと表に出て
空を見上げていました。
仕事どころではありません。
扇風機は熱風を送り込むだけ・・。
暑いというよりは、眼の奥や鼻喉奥が乾く感じ
とでもいいましょうか、乾燥する感覚の方が
大きかった気がします。
そして眠気が襲ってきたことを憶えています。



そしてそれからも夏は毎度の暑さでしたが
クーラーを入れるなんて考えもせず
首に保冷剤を巻きつけて働いておりました。



異変を感じたのは2017年の夏、漆蒔をしていたところ
湿度と暑さにより、漆があっという間に乾いてしまい
絵の具を付けることができない状況に陥りました。
漆の粘着力で粉の絵の具をくっつける訳ですが
漆を塗ったはなから、すっからかんに乾いていくのです。。。
全部やり直し、冷や汗をかきながら
泣く泣く漆を洗い流すという、とても恐ろしいことになり
もうこれでは、夏場に漆蒔をすることは不可能と悟りました。



かなり特殊な建物の中に工房がありますので
クーラー設置には悩みましたが
友人の力をかりて、2018年の夏前に
冷房専用のクーラーを無事投入したのでありました。
夏の漆蒔はもうずっと修行でしたので
もんの凄く心が解放されました。



そして昨年もですが
確実に夏が変わってきてしまいました。
本当はクーラーはあまり好きではなく・・というより
真夏に部屋を閉め切って風も入らない部屋で
仕事をするという状況に、なんとも違和感があったのですけれど。。。
もう窓を開け放って夏に仕事をするなんてことは
贅沢なことになったんだなと、考えることにしました。




変わってしまった夏つれづれ・・・_d0156360_14091041.jpeg



























先週ようやくNEWパソコンの設定が終わり
( 簡単だなんて書きましたがとんでもない
もう次々と高い山脈が目前に立ちふさがり
疲労困憊いたしました )
ロクロ仕事をする毎日です。
もちろんクーラーのお世話になっています。
そして新たな問題!
粘土の乾燥が尋常ではありません。
普通乾かしたくないものは
発泡スチロールの箱に入れ
布や湿らせた新聞紙もかぶせ蓋を閉めておくのですが
これが全く役に立たないのです。
どんどこ乾くのであります。



少しの数ロクロをひいて
ちょうど良い乾き具合の削り時を逃さないように
素早く削るをこまめに繰り返す。
この作戦で乗り切ろうと思います。
焼き物制作には、湿度気温がものすごく影響します。
いろいろ工夫して、乗り切らなくてはと思います。



いろいろ大変な夏ですが
やはり夏は大好きです⭐︎⭐︎⭐︎
みなさんもお体に気をつけて
何か小さくても、楽しみを見つけてお過ごしくださいね。

by studio-tokuda | 2020-08-18 14:59 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://studiotoku.exblog.jp/tb/28202396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お彼岸です 暑中お見舞い申し上げます >>