人気ブログランキング |

カテゴリ:ジジババ教室( 28 )

新春お茶会

ジジ様ババ様制作のお茶碗で
一服お召し上がりくださいませ。



d0156360_22531537.jpg


d0156360_22533089.jpg


d0156360_22535147.jpg


d0156360_2254390.jpg


d0156360_2254149.jpg


d0156360_22542748.jpg


d0156360_22543992.jpg


d0156360_22552738.jpg


d0156360_22554042.jpg


d0156360_22555164.jpg








お茶会用にジジ様ババ様が制作してくれたお茶碗も
もう50個ほどになりました。
底のサインを見ると、懐かしいお顔が浮かんできます。



厨房の皆さんも大切に扱ってくださいます。
8年ほど使い込んだものもあり
よい感じに育ってきています。



こんなお茶碗をつくれるように、なりたいものです。
by studio-tokuda | 2012-01-12 23:20 | ジジババ教室 | Trackback | Comments(8)

秋たけなわ−その2

ただいま多治見で開催中の
国際陶磁器フェスティバル美濃
10/23まで、会期残り一週間となりました。
私が参加している関連展覧会です↓


多治見工業高等学校専攻科
創立50周年記念展覧会

明日日曜日まで。


ピンバッジの販売は10/23までの
週末土日と祝日です。
おかげさまで私のピンバッジは残り少しだそうです。
ピンバッジ人気ありますね〜。
今月末『灯しびとの集い』用に製作中です。 


セラミックパークMINO
ショップ&ギャラリーで開催の
Studio MAVO—みんなここからはじまった—
こちらも10/23まで開催中です。


私もまだフェスティバル行けてません(汗・・)
是非お越し下さいませ。




さてジジババ教室ブログ展覧会、動物編です。

d0156360_2229660.jpg










豚さん蚊取り線香。



d0156360_22285714.jpg


フラミンゴ。
身体の中は粘土を抜いて
軽くなっています。
キリンもこのジジ様作。
毎回途中で
崩壊寸前になるのですが
不思議にちゃんと
できあがるのです。
現在はレインボーアガマという
爬虫類を製作中。  

d0156360_22284770.jpg









きりん。

d0156360_22283636.jpg






キリンさん顔のアップ!

d0156360_2228268.jpg







今年の干支のうさぎ。
来年は辰
辰って姿見たことないからな〜?

d0156360_22281484.jpg






うま?

d0156360_2227572.jpg






らくだです。

d0156360_22273910.jpg






コアラです。
見てるとじわっとコアラです!












NYからも展覧会のお知らせが届きました。
来年の一月までMOMAで
デ クーニング
の回顧展をしています。

Mary Boone gallery 
Nick Cave

Gagosian 
リチャード セラ

Gladstone gallery
Matthew Berny


デ クーニングの作品は
相当たくさん展示されているそうです。
いいなあ〜見たいな〜!!
クーニングの大きな展覧会って
日本ではやってないと思うんだけど・・・。
Nick Cave結構つぼで好きだな。



本日にて本焼き終了。
ひたすら上絵に突入です。
がんばりま〜〜す!
by studio-tokuda | 2011-10-15 23:05 | ジジババ教室 | Trackback | Comments(2)

秋たけなわ

d0156360_225348.jpg




秋の空
地元の小さなお祭りの
小さな飾り旗。
真ん中に偶然飛行機雲。

d0156360_22532099.jpg




旗だけでも
なんか非日常になる
おもしろさ。



d0156360_225356100.jpg




手作りの
今時の子供用おみこし
かわゆし!







久しぶりにジジババ作品登場。

いろいろ展覧会もにぎやかなこの時期、
ブログミニ展覧会です。


d0156360_22594447.jpg







可愛らしいはしおき?

d0156360_22595765.jpg







飛行機!?

d0156360_2301035.jpg







印花模様お皿いろいろ。

d0156360_231658.jpg






一輪挿しいろいろ。


d0156360_2302097.jpg

d0156360_2302924.jpg

d0156360_230562.jpg

d0156360_230395.jpg











ジジババ達は動物大好き。
傑作たくさん作ってます!
次回は動物シリーズいきます。


私自身はしばらく窯窯窯・・・の日々。。。
がんばるよ〜〜!
by studio-tokuda | 2011-10-09 23:28 | ジジババ教室 | Trackback | Comments(4)

『ジジババ教室』ハイタッチの巻

若い頃少しやんちゃで、
そんな名残が少し感じられるババ達と、
いつしか挨拶にハイタッチをするようになりました。

『ぱしっ!』と手のひらが気持ちのよい音を立てると、
「あぁ〜〜気持ちいいね〜〜。」と満面笑みで喜んで下さいます。

ある日、いつもちょっと苦虫かみつぶし顔、
品行方正ジジ様が、やんちゃババ達の隣に座っていました。
えいっ!と勢いで苦虫ジジ様にもハイタッチしかけてみたところ・・・。

今まで見たことの無いような笑顔でハイタッチしてくださり、
そのあとギュウ〜〜〜っと強く手を握ってくれたのです。
嬉しかったです。。。
「なあ〜んだ、〜したかったのね!」であります。

それからはジジ様もハイタッチ仲間です。

『私もやってえ〜〜』というババ様もいらして、
少しずつハイタッチ仲間増えています。

ジジババ達は握手も大好き。

『あ〜〜先生の手久しぶりに触ったあ〜〜!』
と、喜んでくれます。

そしてごそごそと飴ちゃんを取り出して、
手のひらに握らせてくれるのでありました。
by studio-tokuda | 2011-06-05 22:00 | ジジババ教室 | Trackback | Comments(4)

嬉しい写真一枚

ジジババ教室生徒ババ様のご家族から
嬉しいお手紙と写真をいただきました。

少し前にでき上がったババ様の傑作皿に、
ご家族三人のおかずをのっけた写真です。

d0156360_0315058.jpg


「菜の花のごま和え?」「鶏肉でインゲンやにんじんを巻いた照り焼き?」
「出汁巻き卵」「昆布?」美味しそ〜〜!!


よく見てみると・・・一番奥の鶏肉は、全部切れ端っこ。
(私、端っこ結構好きです。)

お手紙を下さったのはババ様のお嫁さん。

きっと端っこはお嫁さんのお皿。
一番前の鶏肉多めはババ様息子さん。
そして真ん中がババ様のお皿なんだと思いました。

お手紙にあった『大事にして使っていきたいと思います。』の文面も
ここのところの、少しささくれしぼんだ心にしみました。
助手の呉さんと共に、しみじみ嬉しいひとときでした。

こんなささやかな毎日の食卓が、
早く戻ってきますように。
by studio-tokuda | 2011-03-19 00:37 | ジジババ教室 | Comments(2)

『ジジババ教室』 まずはご挨拶から

ジジババの皆さんが初めて教室にいらっしゃる場合、
私と助手の呉さんは、彼らのプロフィールは何も知らずに始めます。

まずはお顔をみてのご挨拶から始まります。
「あ、おっとりさん。」「あ、少しせっかちさん。」
「マダムタイプ!」「頑固おやじタイプ!!」
私の印象と呉さんの受ける印象が違う場合もありますが、
それでよいと思っています。

そんな風にして少しずつ様子をみて、
少しでも楽しくすごしていただけるように、
その方の状況に合わせて焼き物をつくっていきます。

一番古い生徒のババ様は、今年100歳を迎えます。
最近は焼き物教室の時間とご都合が合わなく、
あまりお会いできませんが、「100歳のお祝いしようね!」
と言いますと、わざとちょっと低めの声で「どこぞに飲みにいこまいか!」
とおっしゃって、ニヤリと笑うのです。もぉ〜最高です!!

ほんとに一緒に飲んでみたらたのしいだろな・・・。
毎日晩酌を楽しまれるそうです。日本酒だそうです。


d0156360_2356529.jpg


91歳ババ様の作品です。
若い頃多治見で染め付けのお仕事をされていたそうです。
そんなお話をお聞きしたので、
ウン十年振りに染め付けをしていただきました。
すてきなモダンお茶わんになりました。
by studio-tokuda | 2011-02-16 00:03 | ジジババ教室 | Comments(4)

『ジジババ教室』成り立ちのお話

2002年夏、澤田デイサービス建設中に、
焼き物教室を始めたいとのご相談を受けました。
なんとか手探りで立ち上げ準備をし、
2002年10月開設時より講師をさせていただいています。
敷地内に専用の電気窯も購入していただきました。

週に2回、1時間15分だけの小さな教室ですが、
助手さん(多治見の焼き物仲間の呉瑛姫さん)と、デイサービススタッフ協力の元、
皆さん生き生きと焼き物つくりを楽しんでいらっしゃいます。
基本的に、ご自分の作りたい物をご自分のペースで、
自由に作っていただいています。

教室は、昼食後の午後の1時間15分を使って開かれます。
参加される方の料金は必要無し。
焼き上がったものも、全部無料でお持ち帰りしていただいています。
我々はデイサービス側から指導料をいただいています。
これは私達指導する側にとっても、非常に恵まれた状況なのです。

ジジババ教室生徒の皆さんは、他の方の作品を見て
「わしもあれ、作りたいわ〜!」とおっしゃる場合が非常に多いのです。
そんな時にも、窯の焼成代金のことなど全く気にせずに
「よしっ!作ろ〜〜。」と言うことができ、非常にありがたいです。

2008年に朝日新聞さんが夕刊に大きく取り上げて下さいましたが、
取材して下さった記者さんが、ジジババ作品のレベルの高さと、
かなり恵まれたモデルケースという状況に、驚いていらっしゃいました。

2004年には岐南町にも同じ施設ができました。
こちらでも、多治見の焼き物仲間が講師として教室をしています。
こちらにも専用電気窯があります。
時々ジジババ達に流行の作品のこと等々、情報交換をしています。

恵まれた環境を無駄しないためにも、毎回がスキルアップのための
貴重な学びの場だと痛感しています。『教えることは学ぶこと』です。


d0156360_0482267.jpg


今年の干支「うさぎさん」いろいろです。
なぜか皆さんご自分に似てきます。
作品も少しずつご紹介していきます。食器や花入れなどなど、いろいろお楽しみに!
by studio-tokuda | 2011-01-20 01:12 | ジジババ教室 | Comments(0)

愛を込めて『ジジババ焼き物教室』

2002年より、岐阜市野一色にある澤田デイサービスセンターで、
認知症のお年寄りを中心にした焼き物教室を始めて、
この10月で9年目に入りました。岐阜城のある金華山の近くです。
週に2日、1時間だけの小さな教室です。


玄関でお人形達のお出迎えです。
どなたかのおみあげをお手本に大流行りして、たくさん産まれました。

d0156360_0383363.jpg



この教室のことは、是非このブログで書いていきたいと思っていました。
認知症という言葉はずいぶん世の中の皆さんに知られてきましたが、
実際にどのようなことなのか??8年前の私も何も知りませんでした。
認知症の方の焼き物教室の話をすると、
ほとんどの方が少し、顔を曇らせることが気になっていました。

認知症になられても、いきなり人格が変わってしまったり、
ある日突然日常生活が送れなくなる訳ではありません。
マイワールドへ行ったり来たり、いろいろありますが、
どっこい楽しくやっているのであります。

私は介護や福祉の専門家ではありませんが、
8年間のつたない経験を元に、教室でのことを少しずつ書いていきます。
認知症に漠然と不安を感じている方の参考になれたらと思っています。

この教室のことを、私は愛を込めて『ジジババ教室』と呼んでいます。
私は毎日の生活を見つめ、あじわい、楽しみ、愛おしむための、
ささやかなお手伝いになれば、という想いで「うつわ」をつくっています。
『ジジババ教室』も同じ想いで続けています。

次回(来年?)は教室の成り立ちを少し詳しく説明します。
by studio-tokuda | 2010-12-29 00:52 | ジジババ教室 | Comments(2)