釉薬の姿

昨日から少しお陽様がお休みしてくれましたが、まだこれから8月です。
今年は本気で熱中症対策しないといけないようです。

先日釉薬の作り方を紹介しました。
釉薬ってどんなものなんですか?という質問をいただいていましたので、
今日は釉薬の姿を紹介します。ご覧のように液体です。
これはたまたま白っぽい色をしていますが、黒や茶色や薄緑色や、
釉薬の種類によっていろんな色のものがあります。

d0156360_21334819.jpg

続きはこちら
[PR]
# by studio-tokuda | 2010-07-30 21:40 | 焼き物 | Comments(2)

釉薬のつくりかた

ここのところ毎日お昼の2時前後に、「気温が38度を超えました・・・・。」と、
町の放送が流れます。気温が何度になろうと仕事は待ってくれません。
今夜も本焼き窯をたいているので、明日の部屋の気温は・・・・ス・テ・キ
夏フェスにでも行っておいしいビールいただきたいものです〜〜〜!!
でも個展させていただけるのだから、ふんばりま〜す。


d0156360_23232214.jpg


さて釉薬のつくりかたです。
長石、珪石、石灰石などの材料をポットミルに入れて、
よくすり混ぜて作ります。

d0156360_23285570.jpg


ポットミルです。中に焼き物の玉が入っています。
本体も焼き物です。
蓋をねじでしっかり留めて、密閉できます。

d0156360_23251518.jpg


まず玉を取り出します。水と材料を入れます。
玉を戻します。しっかり蓋を閉めます。

d0156360_23351056.jpg


台に乗せてスイッチを入れると、くるくる廻ります。
中の玉もコロコロ一緒に廻って、材料がすりつぶされます。
好みの時間廻します。

d0156360_23364646.jpg


ふたを開けて玉を出します。ふるいでこしでバケツに入れます。
一度沈殿させて、ちょうど良い濃度に
ボーメ(比重)を調整してから使います。



解りましたでしょうか?
ポットミルは、3キロ用、5キロ用などあります。
5キロは材料を全部入れるとかなり思いです。
さすがに少々ばててきましたが、しっかり食べてのりきりま〜す。
[PR]
# by studio-tokuda | 2010-07-26 23:58 | 焼き物 | Comments(0)

日本一の暑さ・・・!

昨日多治見の気温は39.4度、日本一だった様です。
皆さん心配して連絡くださいます。
私は暑さには強いのですが、さすがに38度を越えるときびしいです。こたえてきます。
タオルに凍らせた保冷剤を包み、首の後ろを冷やしつつ乗り切っています。

何年か前に40.9度を生身で体験しています。
この時は暑いというよりカラカラに乾く感じで、
目ん玉の奥からじんわり眠気がやってきたことを覚えています。

これからしばらく窯仕事が続きます。今日は朝方まで素焼きをたいています。
窯が仕事場の真ん中にあるので、今日の仕事場は、、、、
一日中じんわりとぽかぽかで、パラダイス!ですね〜〜ほほほ。。。
[PR]
# by studio-tokuda | 2010-07-23 00:47 | つれづれ | Comments(1)

夏本番!

夏です! 8月目白のGALLERY RUEVENT(ルヴァン)さんでの個展作品生地作り、
本日でそろそろタイムリミット、いろいろ作りました。
あとは乾燥、施釉、上絵など、窯の日々が続きます。
夕方ふと外を見ると夏の夕焼け。しばらく見とれました。
やっぱり夏が一番好きです。

仕事場の西の窓からです。
d0156360_23434273.jpg
[PR]
# by studio-tokuda | 2010-07-19 23:51 | つれづれ | Comments(2)

釉薬の基本になる長石です

昨日久しぶりに、日陶産業さんに福島長石を買いにいきました。
日陶産業さんは、焼き物の釉薬の原料などをいろいろ売っている会社です。
多治見工業高校時代からお世話になっています。
いつもにこにこきびきび、美人の事務の伊藤さんがいろいろ助けて下さって感謝です。

久しぶりにいろいろお話していたら、
会社の方がお一人、子供の頃にご両親が漆蒔上絵の仕事をしていらしたそうで、
思いがけず貴重なお話をたくさん伺うことができました。ラッキー!
こんな時は、やはり多治見は焼き物の町なんだな〜と実感します。

今日は一日よく降りました。
粘土がみごとに乾きません。そろそろ太陽が恋しいです。
日本一の酷暑が待っていますが、お陽様待ってま〜〜す!!

こんなでっかい袋30K入りで買ってきます。
d0156360_057515.jpg


中身はこんなです。
湿っているので、完全に乾かしてから使います。
そうしないと釉薬の調合の比率が微妙に違ってしまうのです。
d0156360_0591340.jpg
[PR]
# by studio-tokuda | 2010-07-15 01:09 | 焼き物 | Comments(2)